教育画劇は紙芝居、絵本、児童書の専門出版社です。

子どもの本と紙芝居 教育画劇

お問い合わせ
  • 紙芝居を楽しもう
  • 紙芝居
  • 絵本
  • 読み物
  • 学校・図書館セット
  • 受賞歴
学校・図書館セット

表題作「青いチュルチュル」を含む15編の短編を収載

青いチュルチュル

1巻
吉田悠軌・作 ネルノダイスキ・絵

新 刊
青いチュルチュル

「チュルチュル」とよばれていたアイスがありました。あの日、青く光る半透明のチュルチュルみたいな生き物が地面でうねうね動いて、見たんです。それを髪の長い男が「ずずずずずずる……」と吸っているのを…。表題作を含む15編の短編を収載。

対象年齢 : 小学校高学年〜 / 中学生 /
一般

サイズ: A5判

ページ数: 128ページ

ISBN: 978-4-7746-2207-1

Cコード: 8393

発売日: 2020年2月15日

定価(税込):2,200円(本体2,000円)

  • amazon.co.jpで購入する
  • セブンネットショッピングで購入する
  • 楽天ブックスで購入する
この作品が含まれるセット
怖いうわさ ぼくらの都市伝説 

著者紹介

吉田悠軌
1980年、東京生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。
怪談サークル「とうもろこしの会」会長。怪談・都市伝説を中心とした、現代オカルト文化全般を研究。文筆業の他、イベントやメディア出演などでも活動。
近著『日めくり怪談』(集英社)、『禁足地巡礼』(扶桑社)、『一行怪談』(PHP)、『一行怪談漢字ドリルシリーズ』(幻冬舎)、『うわさの怪談』(王様文庫)など。

ネルノダイスキ
絵画や立体作品の展示をするかたわら2013年よりネルノダイスキ名義で漫画同人誌をつくり始める。2015年第19回文化庁メディア芸術祭マンガ部門で同人誌「エソラゴト」が新人賞受賞。2017年第20回文化庁メディア芸術祭マンガ部門で同人誌「であいがしら」が審査員推薦作品選出。TIS(トーキョーイラストレーターズソサエティ)所属。