教育画劇は紙芝居、絵本、児童書の専門出版社です。

子どもの本と紙芝居 教育画劇

お問い合わせ
  • 紙芝居を楽しもう
  • 紙芝居
  • 絵本
  • 読み物
  • 学校・図書館セット
  • 受賞歴
新刊絵本・読み物 新刊絵本・読み物

家にいても1日60分、体を動かそう!

リモート生活でレクリエーション! 体操・ストレッチ&室内遊び

第3巻
鉃矢悦朗・森山進一郎/監修

新 刊
リモート生活でレクリエーション! 体操・ストレッチ&室内遊び

シリーズの3巻は、リモート生活中でも運動不足にならないように、子どもたちが1日に約60分間、体を動かすことを目的とした内容になっています。
1章では、室内運動とストレッチ、2章では、室内遊びを紹介。体操は、写真を使ってわかりやすく、年齢や能力のちがいに応じた解説もあります。
巻末では、家事のお手伝いをしながら運動にもなる動きを紹介しました。楽しく動いて、心も体もハッピーになりましょう!

対象年齢 : 小学校低学年〜 / 小学校中学年〜 /
小学校高学年〜 / 中学生

サイズ: タテ280×ヨコ210 ミリ

ページ数: 48ぺージ

ISBN: 978-4-7746-2239-2

Cコード: 8375

発売日: 2021年4月

定価(税込):3,960円(本体3,600円)

  • amazon.co.jpで購入する
  • 楽天ブックスで購入する
この作品が含まれるセット
リモート生活でレクリエーション!  全3巻 

著者紹介 著者紹介

鉃矢悦朗/東京学芸大学 教授、NPO法人 東京学芸大こども未来研究所副理事長。鉃矢悦朗建築事務所から 2002 年東京学芸大学へ転じ、現在に至る。モノづくり、コトづくり、バづくりをキーワードに、立体・空間デザイン/デザイン教育/ものづくり教育の研究と実践を行っている。NPOのモットーである「あそびは最高の学び」に出会い、教育・研究活動をさらにおもしろく深めている。

森山進一郎/東京学芸大学 准教授。専門はスポーツ方法学。14年間の競泳選手の指導を経て、技能の獲得や向上を目指した初心者指導から競技力向上を目指した選手指導まで、幅広く研究にとりくんでいる。最近は、教員養成の立場から、さまざまな運動種目の指導法の開発や学校体育における教材作りにもとりくんでいる。