教育画劇は紙芝居、絵本、児童書の専門出版社です。

子どもの本と紙芝居 教育画劇

お問い合わせ
  • 紙芝居を楽しもう
  • 紙芝居
  • 絵本
  • 読み物
  • 学校・図書館セット
  • 受賞歴
道徳紙芝居 どうとくかみしばい 道徳紙芝居 どうとくかみしばい

つまらないけんかがまねいた「けんかの代償」とは?

てんぐのけんか

5巻
りとうようい・文絵

新 刊
てんぐのけんか

『てんぐのけんか』は、奈良県に伝わる民話です。
大和国(いまの奈良県)と伊賀国(いまの三重県)が舞台となっており、二つの山にすむ天狗が些細なことでけんかして、その結果、みどり豊かな伊賀国の山が、はげ山になったというお話です。
つまらないけんかが、とんでもない事態をまねくということをユーモラスに描いています。
青天狗は、怒りにまかせた行動で青々とした山を失ってしまいました。赤天狗のほうも、自分の山は豊かになったものの、へとへとに疲れ切ってしまいます。

大なり小なり、けんかには代償がつきものです。頭にくることがあっても、冷静になって問題を解決する力がそなわっていたら、結果はちがってくるのかもしれませんね。

対象年齢 : 3・4歳〜 / 小学校低学年〜 /
小学校中学年〜 / 小学校高学年〜

サイズ: 263mm×375mm

画面数: 12画面

ISBN: 978-4-7746-1582-0

Cコード: 8793

発売日: 2022年9月13日

定価(税込):1,925円(本体1,750円)

  • amazon.co.jpで購入する
  • 楽天ブックスで購入する

著者紹介 著者紹介

1979年奈良県生まれ。大阪デザイナー専門学校卒業。絵本に『べんべけ ざばばん』『どうじょ どうじょ』(いずれも絵本館)『ぴと!』『タタタタ』(いずれも鈴木出版)など。独特の世界観をダイナミックな筆致と鮮やかな色で表現した作品が注目されている。
今作が初めての紙芝居となる。