教育画劇は紙芝居、絵本、児童書の専門出版社です。

子どもの本と紙芝居 教育画劇

お問い合わせ
  • 紙芝居を楽しもう
  • 紙芝居
  • 絵本
  • 読み物
  • 学校・図書館セット
  • 受賞歴
新刊絵本・読み物 新刊絵本・読み物

れいぞうこのそこのそこ りんごのまほう

4巻目
うえだしげこ・作/絵

新 刊
れいぞうこのそこのそこ りんごのまほう

じいじとばあばからの宅配便として、
色とりどり美しい、いろんなフルーツと一緒に
ゆうくんちにやってきたりんごちゃん。
てっきり家族みんなの人気者になって
美味しく食べてもらえると思っていたのに、
すぐ食べてもらえないばかりか……
冷蔵庫の底の底、「野菜室」に入れられて……。


前作『れいぞうこのおくのおく』
『れいぞうこのよこのおく すみっこの
かくれんぼ』『れいとうこのそこのおく』
は、お子さまたちに好評なだけでなく、
それぞれ保護者の方からも
「冷蔵庫にまつわるあるある!」なお話として
共感の声をたくさんいただいております。

4作目は、冷蔵庫の底の底にある
『野菜室』にまつわるお話。
お子さまたちにはとかく嫌われがちな野菜です
が、みんな「おいしい」と言ってほしくて、
冷蔵庫の底の底で、毎日毎日、
おいしくなるためのトレーニングを
繰り返しているのです。

さあ、かわいくっていじらしい
冷蔵庫に暮らす食べ物たちの活躍に
思いを馳せてみませんか……?

対象年齢 : 3・4歳〜 / 小学校低学年〜 /
小学校中学年〜

サイズ: 縦190㎜ × 横240㎜

ページ数: 34ページ

ISBN: 978-4-7746-2276-7

Cコード: 8793

発売日: 2022年10月4日

定価(税込):1,320円(本体1,200円)

  • amazon.co.jpで購入する
  • 楽天ブックスで購入する
この作品が含まれるセット
れいぞうこのあるある えほん 

著者紹介 著者紹介

うえだしげこ(SHIGEKO UEDA)

東京生まれ。
東京デザイン専門学校イラストレーション科
卒業。デザイン事務所にイラストレーター兼
グラフィックデザイナーとして勤務したのち、
独立し、イラスト、絵本の仕事を始める。
本作品のシリーズとして『れいぞうこのおくのおく』
『れいぞうこのよこのおく すみっこのかくれんぼ』
『れいとうこのそこのおく』(教育画劇)がある。
そのほか、主な絵本作品に
「にん・にん・じんのにんじんじゃ」シリーズ、
「ぱぱぱぱぱんつ」シリーズ(大日本図書)、
『まいにちのとけいのえほん』(鈴木出版)、
「とけいの3をとりもどせ」シリーズ、
『ウイルスにマケマ戦隊ゲンキーズ』
(フレーベル館)、『おかたづけ めっちゃ
すっきり きもちいい』(パイ インターナショナル)
など。大好きなりんごを使った料理は、アップルパイ。