教育画劇は紙芝居、絵本、児童書の専門出版社です。

子どもの本と紙芝居 教育画劇

お問い合わせ
  • 紙芝居を楽しもう
  • 紙芝居
  • 絵本
  • 読み物
  • 学校・図書館セット
  • 受賞歴
新刊絵本・読み物 新刊絵本・読み物

おばけの おばけによる おばけのための おいしいパンやさん!

おばけのパンやさん

いちよんご 作絵

新 刊
おばけのパンやさん

ミイラパンにオニツノコロネ、夜な夜なおばけたちが名物パンをつくるおばけのパンやさん。お客さんもみーんなおばけ! この日も開店前から大行列。焼きたてパンのにおいがほわ〜んとひろがって、いよいよ「おばけのパンや かいてんで〜す!」 きょうもお店は大繁盛。ところが、みんなで力を合わせてつくった新作パンが、まっくろこげでちょうちんがまからとびだした!? 

ふんわりとおいしそうな切り絵のパンは全部で36種類。作者のいちよんごさんは、以前パン職人だったので、パンの焼き色はもちろん、パンづくりの工程や道具のおばけにも元プロならではのこだわりが。どのパンも思わず食べてみたくなります。ちなみに、おばけのパンやさんの人気ナンバー1は「ばけしょくぱん」。みなさんもお気に入りをみつけてくださいね!

対象年齢 : 3・4歳〜

サイズ: 250×190×9ミリ

ページ数: 32ページ

ISBN: 978-4-7746-2248-4

Cコード: 8793

発売日: 2021年7月1日

定価(税込):1,320円(本体1,200円)

  • amazon.co.jpで購入する
  • 楽天ブックスで購入する

著者紹介 著者紹介

いちよんご
奈良県生まれ。妖怪検定中級を持ち、全国各地で妖怪カルタ大会やワークショップを行っている。2019年、『あるある いるいる ようかいえほん』(金の星社)で初めて絵本を手がける。本作が2作目の絵本。
学生時代、アジアの旅先で食べたパンが忘れられず卒業後はパン学校へ。
その後、酵母製品を製造販売する会社にて新作パンをつくる日々を過ごし、出産を機に退社。
当時から妖怪が好きで、仕事の合間にこっそりおばけのパンをつくっていたことも。
コロナ禍で疲れはてていたとき、ふしぎと数年前からあたためていた『おばけのパンやさん』のお話がむくむくとふくらんできた。こんなパンやさんがあったら、ぜひ行ってみたいなあ。
二児の母。好きなパンはあんパン。