教育画劇は紙芝居、絵本、児童書の専門出版社です。

子どもの本と紙芝居 教育画劇

お問い合わせ
  • 紙芝居を楽しもう
  • 紙芝居
  • 絵本
  • 読み物
  • 学校・図書館セット
  • 受賞歴
新刊紙芝居 新刊紙芝居

ある日ぼくそっくりの小さなぼくが「お医者さん」として現れた!

ぼくは ぼくのおいしゃさん

1巻
うえだしげこ

新 刊
ぼくは ぼくのおいしゃさん

ある日曜日、ぼくの前に小さなぼくが現れた。
「ぼくはぼくのお医者さんです」って言って、
ぼくの体を診察し始めたよ。

今日はお父さんとお母さんと一緒に
ずっと楽しみにしていた
ピクニックに行く日だったんだけど……
実はぼく、ちょっとお腹が痛かったんだ。

お医者さんに見抜かれて
ピクニックに行けなくなっちゃったら
大変って思って……。

自分の体の声を聞いて、
体調管理をするのは
大人にとっても、子どもにとっても、
とても重要なことです。
楽しいお話仕立ての紙芝居を通じて、
ちゃんと保護者や周りの大人の人に
自分の体調や健康状態などを
言えるようになる大切さを伝えます。

対象年齢 : 3・4歳〜 / 小学校低学年〜 /
小学校中学年〜

サイズ: 縦265㎜×横365㎜

ページ数: 12画面

ISBN: 978-4-7746-1563-9

Cコード: 8793

発売日: 2022年1月

定価(税込):1,815円(本体1,650円)

  • amazon.co.jpで購入する
  • 楽天ブックスで購入する

著者紹介 著者紹介

うえだしげこ
東京生まれ。
東京デザイン専門学校イラストレーション科卒業。
デザイン事務所にイラストレーター兼
グラフィックデザイナーとして勤務したのち、
独立し、イラスト、絵本の仕事を始める。

絵本作品として、『れいぞうこのおくのおく』
『れいぞうこのよこのおく すみっこのかくれんぼ』
『れいとうこのそこのおく』の人気シリーズ
(教育画劇)をはじめ、『にん・にん・じんのにん
じんじゃ」シリーズ、『ぱぱぱぱ ぱんつ』シリーズ
(大日本図書)、『まいにちのとけいのえほん』
(鈴木出版)、『とけいの3をとりもどせ』シリーズ、
『ウイルスにマケマ戦隊ゲンキーズ』(フレーベル館)、
『おかたづけ めっちゃ すっきり きもちいい』
(パイ インターナショナル)など多数。